クラブ紹介 | NPO法人ヴィクサーレスポーツクラブ

CLUB

クラブ紹介

CLUB PLOFILE

クラブプロフィール

基本理念

子どもの健全育成と地域社会の活性化に貢献する。

沖縄の子どもたちの可能性を信じ、子どもたちの笑顔で地域の皆さんを元気にする。
それがヴィクサーレ沖縄の使命です!

チームスピリット

怯まない、驕らない、諦めない

  • 1. 強い相手にも、困難な状況にも、(ひる)まない
  • 2. 勝った時も、優位に立ったときも、(おご)らない
  • 3. 上手くいかない時も、最後まで、(あきら)めない

ロゴマーク・エンブレム

  • [ ロゴマーク ]
    勝利の「ヴィクトリー」、沖縄の守り神「シーサー」、戦うチームを応援するかけ声「オーレ」を合わせて「ヴィクサーレ」というチーム名が出来上がっています。ロゴは「ハブ」が動いている様を表現しています。
  • Vicsare OKINAWA F.C. エンブレム
    [ エンブレム ]
    エンブレムには「沖縄本島」と「シーサー」がかたどられています。ちゅら海の「ブルー」、情熱の「ティーダ」、純粋なちむ心「ホワイト」を基調にしています。

クラブの目標

ジュニアユース・ジュニア
沖縄から、U-17、U-20の世界大会やオリンピック (U-23) に出場する若年層の日本代表選手を育てる。
ナビィータ
なでしこリーグへの参戦。沖縄からなでしこジャパンの選手を育てる。

MESSAGE

ご挨拶

NPO法人ヴィクサーレスポーツクラブ 理事長 加藤 久

2005年にスタートしたヴィクサーレのクラブ運営は、昨年、干支でいえば一回りを終えて、本年13年目を迎えることになりました。『沖縄の子供たちの健全育成』、『子供たちが暮らす地域の活性化』という非常にシンプルな理念を掲げ、運営基盤を強固にするため、2006年に任意団体からNPOの法人格を取得しました。そのNPO法人から、昨年9月には、沖縄県より「認定NPO法人」としての資格認定を受けることができました。法人運営の公共性や公益性、会計の透明性などを評価されてのことで、非常に嬉しい成果となりました。ここまでの道のりは平坦なものではありませんでしたが、多くの個人、団体の皆様のご助言とご支援のお蔭と大変感謝しております。

現場では、どうせスポーツをやるならば、“沖縄を引っ張る存在になろう”“地域の出る杭になろう”、それを合言葉に、指導者と子供たちが一生懸命努力してきました。この12年間を振り返れば、合言葉通りに、ヴィクサーレが出る杭となり、地域を引っ張り、沖縄県のために一定の貢献をしてきたという自負を持っても良いのではないかと思っています。今後も、その心意気を変えずに現場活動を行っていくつもりです。

話は変わりますが、昨年の年末に、ジュニアユースとジュニアを中心に保護者の皆さんと意見交換の場を持つことができました。その折、ヴィクサーレというクラブが何を大事にしてきたか、つまり、子供たちへの指導の原点となる考え方についてお話しさせて頂きました。その考え方をここで今一度繰り返したいと思います。

一つ目は、心が身体を動かしているという原理、つまり、心のあり方、気持ちの持ち方が身体の状態に影響を与え、現実を変える力を持つこと、自己の可能性を広げるものであることを伝えていきたいということです。
人間ですから、時にはマイナスな心、消極的な心、弱い心を持つことがあるでしょう。しかしながら、それをいつまでも心に留めておいてはいけない。プラスの心、積極的な心、強い心に変えていくこと、その毎日、毎時、毎回の努力を怠らないようにしようということです。
氷山の一角という言葉がありますが、子供たちがその氷山の一角を自分の能力と思い込んでいるならば、それは違う。見えないところに、もっと大きな可能性があり、その可能性を引き出すのは、あなたの心の持ち方だということを伝えたいのです。

もう一つは、人間の集団(スポーツではチーム)には、それぞれ役割があり、自己を生かすためには、その役割を理解し、その役割をしっかり果たすこと、そして、その仲間を大事にすることを心がけようということです。
人間の出会いというものは実に不思議なもので、そこには自己の意図や意思を超えたものがあると思います。この“縁”としか表現できないもので結ばれた仲間を大事にするという考え方は、自分の人生を実り豊かなものにするものだと確信しています。
まずは、自分が毎日接する人間、つまり、家族、学校の先生や仲間、スポーツの指導者やチームメイトを大事にしよう、相手の立場に立ってものを考える思いやりや優しさ、気遣いを表現しようということです。

2017年、男子の現場では、ジュニアもジュニアユースも、県でナンバーワンを目指すだけでなく、その先の九州制覇を念頭に頑張って参ります。
また、昨年度より、りうぼう、沖縄銀行、沖縄ファミリーマート、琉球新報を筆頭に、多数の地元企業の皆様のご支援を得て、ナビィータトップチームは将来のなでしこリーグ参戦へ向けて第一歩を踏み出しました。日本の女子サッカーは世界のトップレベルに達しておりますが、ナビィータトップチームが沖縄県内の女子サッカーの裾野を広げるだけでなく、日本のトップレベルにいち早く到達できるように、精一杯の努力をして参ります。
『不易流行』。本年は不変の方針を貫きながらも、時代の変化に着実に対応していかなければなりません。そのために、クラブ理事と保護者の皆様とのコミュニケーションの機会を増やし、両者が運命共同体として協力していく体制を築いていく所存です。

過去の実績

  • ジュニアユース

    ジュニアユース 実績
    優勝 (県内1位)
    2015年12月
    第11回沖縄県クラブユース(U-14)大会
  • ジュニア

    ジュニア 実績
    3位 (九州大会)
    2016年3月
    2016フジパンCUP 第47回九州ジュニア(U-12)サッカー大会
  • ナビィータ

    ナビィータ 実績
    九州女子リーグ参入決定!
    2016年1月
    第13回九州女子サッカーリーグ・チャレンジカップ

ABOUT CLUB

クラブ情報

クラブ名 ヴィクサーレ沖縄FC
法人名 NPO法人ヴィクサーレスポーツクラブ
理事長 加藤 久
活動拠点 漫湖公園多目的広場
〒900-0024 沖縄県那覇市古波蔵3丁目23-1 [MAP]
TEL:098-857-3157
クラブハウス 〒900-0024 沖縄県那覇市古波蔵3丁目7番25号 邁進ビル3F [MAP]
TEL:098-831-6400
FAX:098-831-6402
E-mail:vicsale@peace.ocn.ne.jp
事業内容 クラブスポーツ運営事業
スポーツ指導者要請事業
社会福祉・ボランティア事業
健康・生きがい促進事業
スポーツ施設運営事業

活動拠点

活動拠点:漫湖公園多目的広場

漫湖公園多目的広場

  • 住所:沖縄県那覇市古波蔵3丁目23−1
  • TEL:098-853-3144

[交通アクセス]

  • 那覇バスターミナルからバスで5分
  • 奥武山公園駅から徒歩で10分

NEWS

NPO法人ヴィクサーレスポーツクラブに関する情報をお届け

ページトップへ戻る